Popular Tags:

ラッキーニッキーについて

ラッキーニッキーについて

日本にいながら最新のスロットゲームが楽しめるオンラインカジノサイト、ラッキーニッキー(http://luckyniki.jp/)をご紹介します。

ラッキーニッキーは、日本人にとって馴染みやすいであろうアニメライクなキャラ「ニッキー」が案内役を務めるオンラインカジノサイトです。グラフィックの背景に日本語が多く書かれているので日本のサイトと見間違えてしまいそうですが、ヨーロッパのEU CASINOというオンラインカジノサイトの姉妹ブランドとしてラッキーニッキーは提供されています。

実際日本でも昨年あたりから話題となっており、NAVERまとめにもまとめ記事ができるほどです。

グラフィックはもちろん、日本人にとってプレイしやすい環境が整っており、600種類以上のカジノゲームで遊ぶことができます。ネットエントやマイクロゲーミングなどの、多くのソフトウェアメーカーから供給されるゲームは、きっとあなたを楽しませてくれるでしょう。

サイトはもちろん日本語利用可能で、日本語によるサポート体制も万全です。ライブチャット、メール、電話、三つの方法で日本語サポートを受けることが可能です。もちろんサポートはいくら利用しても無料なので、積極的に利用してみましょう。このような点から、日本人が安心して楽しめるオンラインカジノサイトと言えるでしょう。

さいごに

ラッキーニッキーが少しでも気になったのであれば、ぜひ登録してプレイしてみてはいかがでしょうか?

日韓ワールドカップについて

日本中が沸いた、日韓ワールドカップを覚えていますか?

日本はもちろん、アジアで初めて開催されたワールドカップは、2002年の日韓ワールドカップです。

日本がまだサッカー界で全く認知されていなかったこの時代に、初戦の対ベルギー戦にて初の勝ち点獲得、初の決勝トーナメント進出、トーナメント2回戦で惜しくもトルコに敗れたものの初のベスト16をマークするなど、とにかく日本代表にとって初の歴史的出来事がてんこ盛りの大会でした。

また、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、川口能活などをはじめとした、今でも多方面で活躍するレジェンドが認知され始めたのも、このワールドカップからでした。当時は1サッカー選手であった中田英寿選手も、今では企業役員や一般財団法人の代表理事など、マルチに活躍するスーパースターになっています。

注目を浴びた世界のスタープレイヤーたち

また、2002年日韓ワールドカップに世界中から名プレイヤーが集まり、観客を魅了したことをあなたは覚えているでしょうか。

ブラジル代表ロナウドの大五郎カットや、イギリスのデイビッド・ベッカムのベッカムヘアなど、海外勢の奇抜なヘアスタイルも大流行しました。また、MVPを獲得したドイツの守護神オリバー・カーンも記憶に新しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。昨年のロシア大会でもかなりの盛り上がりを見せたワールドカップですが、日韓ワールドカップでの盛り上がりも負けをとりませんでした。次回のアジア開催はいつになるかはわかりませんが、ぜひスタジアムに足を運んで観戦してみたいですね。

日本の首相について

日本の首相について

アメリカの大統領の任期は4年で、2期務めれば8年大統領の職に就くことができます。現在のアメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏は現在一期目の最中で、再選され二期目にも大統領の職に就くとしたら、2025年1月まで大統領としてとどまることになります。

そんな長い任期のアメリカ大統領と対をなすように、日本の内閣総理大臣の在職期間はものすごく短く、首相が極めて頻繁に交代する時期もありました。

その傾向が最も顕著であったのは、2006年に小泉純一郎首相が退陣した直後のころで、ほぼ一年に一人のペースで就任と退陣を繰り返していました。特に、2009年9月に就任した鳩山由紀夫首相の在職日数は266日と、9ヵ月にも満たない超短命の総理大臣でした。

このような異常事態が発生した原因として、2009年に自民から民主党への歴史的政権交代があったことなどにより国会にねじれが生じた、着任中に首相が政治的成果をなかなか上げられなかったため、着任後に支持率が急落してしまった、などが挙げられます。就任時からの支持率低下はどの首相も避けられず、たらい回しの状態であったことは否めないでしょう。

2019年現在、本人からすれば2度目となる内閣総理大臣である安倍晋三首相は、2012年からの続投であり、現在の第四次阿部改造内閣を率いています。来年の2020年に開催される東京オリンピックで首相としての手腕が試されそうです。オリンピック誘致国のトップとして、ぜひとも力を発揮してい頂きたいです。