日本の首相について

日本の首相について

日本の首相について

アメリカの大統領の任期は4年で、2期務めれば8年大統領の職に就くことができます。現在のアメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏は現在一期目の最中で、再選され二期目にも大統領の職に就くとしたら、2025年1月まで大統領としてとどまることになります。

そんな長い任期のアメリカ大統領と対をなすように、日本の内閣総理大臣の在職期間はものすごく短く、首相が極めて頻繁に交代する時期もありました。

その傾向が最も顕著であったのは、2006年に小泉純一郎首相が退陣した直後のころで、ほぼ一年に一人のペースで就任と退陣を繰り返していました。特に、2009年9月に就任した鳩山由紀夫首相の在職日数は266日と、9ヵ月にも満たない超短命の総理大臣でした。

このような異常事態が発生した原因として、2009年に自民から民主党への歴史的政権交代があったことなどにより国会にねじれが生じた、着任中に首相が政治的成果をなかなか上げられなかったため、着任後に支持率が急落してしまった、などが挙げられます。就任時からの支持率低下はどの首相も避けられず、たらい回しの状態であったことは否めないでしょう。

2019年現在、本人からすれば2度目となる内閣総理大臣である安倍晋三首相は、2012年からの続投であり、現在の第四次阿部改造内閣を率いています。来年の2020年に開催される東京オリンピックで首相としての手腕が試されそうです。オリンピック誘致国のトップとして、ぜひとも力を発揮してい頂きたいです。

Back to top