Author: admin

ラッキーニッキーについて

ラッキーニッキーについて 日本にいながら最新のスロットゲームが楽しめるオンラインカジノサイト、ラッキーニッキー(http://luckyniki.jp/)をご紹介します。 ラッキーニッキーは、日本人にとって馴染みやすいであろうアニメライクなキャラ「ニッキー」が案内役を務めるオンラインカジノサイトです。グラフィックの背景に日本語が多く書かれているので日本のサイトと見間違えてしまいそうですが、ヨーロッパのEU CASINOというオンラインカジノサイトの姉妹ブランドとしてラッキーニッキーは提供されています。 実際日本でも昨年あたりから話題となっており、NAVERまとめにもまとめ記事ができるほどです。 グラフィックはもちろん、日本人にとってプレイしやすい環境が整っており、600種類以上のカジノゲームで遊ぶことができます。ネットエントやマイクロゲーミングなどの、多くのソフトウェアメーカーから供給されるゲームは、きっとあなたを楽しませてくれるでしょう。 サイトはもちろん日本語利用可能で、日本語によるサポート体制も万全です。ライブチャット、メール、電話、三つの方法で日本語サポートを受けることが可能です。もちろんサポートはいくら利用しても無料なので、積極的に利用してみましょう。このような点から、日本人が安心して楽しめるオンラインカジノサイトと言えるでしょう。 さいごに ラッキーニッキーが少しでも気になったのであれば、ぜひ登録してプレイしてみてはいかがでしょうか?

Continue Reading
日韓ワールドカップについて

日本中が沸いた、日韓ワールドカップを覚えていますか? 日本はもちろん、アジアで初めて開催されたワールドカップは、2002年の日韓ワールドカップです。 日本がまだサッカー界で全く認知されていなかったこの時代に、初戦の対ベルギー戦にて初の勝ち点獲得、初の決勝トーナメント進出、トーナメント2回戦で惜しくもトルコに敗れたものの初のベスト16をマークするなど、とにかく日本代表にとって初の歴史的出来事がてんこ盛りの大会でした。 また、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、川口能活などをはじめとした、今でも多方面で活躍するレジェンドが認知され始めたのも、このワールドカップからでした。当時は1サッカー選手であった中田英寿選手も、今では企業役員や一般財団法人の代表理事など、マルチに活躍するスーパースターになっています。 注目を浴びた世界のスタープレイヤーたち また、2002年日韓ワールドカップに世界中から名プレイヤーが集まり、観客を魅了したことをあなたは覚えているでしょうか。 ブラジル代表ロナウドの大五郎カットや、イギリスのデイビッド・ベッカムのベッカムヘアなど、海外勢の奇抜なヘアスタイルも大流行しました。また、MVPを獲得したドイツの守護神オリバー・カーンも記憶に新しいです。 まとめ いかがでしたでしょうか。昨年のロシア大会でもかなりの盛り上がりを見せたワールドカップですが、日韓ワールドカップでの盛り上がりも負けをとりませんでした。次回のアジア開催はいつになるかはわかりませんが、ぜひスタジアムに足を運んで観戦してみたいですね。

Continue Reading
日本の首相について

日本の首相について アメリカの大統領の任期は4年で、2期務めれば8年大統領の職に就くことができます。現在のアメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏は現在一期目の最中で、再選され二期目にも大統領の職に就くとしたら、2025年1月まで大統領としてとどまることになります。 そんな長い任期のアメリカ大統領と対をなすように、日本の内閣総理大臣の在職期間はものすごく短く、首相が極めて頻繁に交代する時期もありました。 その傾向が最も顕著であったのは、2006年に小泉純一郎首相が退陣した直後のころで、ほぼ一年に一人のペースで就任と退陣を繰り返していました。特に、2009年9月に就任した鳩山由紀夫首相の在職日数は266日と、9ヵ月にも満たない超短命の総理大臣でした。 このような異常事態が発生した原因として、2009年に自民から民主党への歴史的政権交代があったことなどにより国会にねじれが生じた、着任中に首相が政治的成果をなかなか上げられなかったため、着任後に支持率が急落してしまった、などが挙げられます。就任時からの支持率低下はどの首相も避けられず、たらい回しの状態であったことは否めないでしょう。 2019年現在、本人からすれば2度目となる内閣総理大臣である安倍晋三首相は、2012年からの続投であり、現在の第四次阿部改造内閣を率いています。来年の2020年に開催される東京オリンピックで首相としての手腕が試されそうです。オリンピック誘致国のトップとして、ぜひとも力を発揮してい頂きたいです。

Continue Reading
日本のカジノゲームについて

日本のカジノゲーム事情について 現在日本ではカジノを含む統合型リゾートの建設案、いわゆる「カジノ法案」が議論の対象になっているものの、日本ではまだカジノは一つも運営されていません。競馬や競輪、オートレースなどの公営競技におけるギャンブリングはOKですが、その他の賭博は日本では許されていないのです。 そのため、日本でカジノゲームを楽しむには海外の企業が運営するオンラインカジノサイトでライブカジノを楽しむ、あるいは、繁華街にある「ゲームセンター」で疑似的なカジノ体験を楽しむなどの手法があります。 ゲームセンターでカジノ体験? ゲームセンターといえば、レースゲームやUFOキャッチャー、シューティングゲームなどカジノゲームとは程遠い子供向けのゲームしかないというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、実は麻雀や競馬シュミレーションゲーム、ポーカーなどのテーブルゲームが楽しめるゲーセンも数多くあります。 もちろん、リアルマネーをかけずに遊戯そのものを楽しむ形態ですが、リアルなカジノ体験がどこにでもあるゲームセンターで楽しめることは間違いありません。海外旅行を控えていて、本場のカジノ実践の前に前哨戦としてゲーセンでカジノゲームを楽しんでみるのもありですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。疑似的ですが、実は日本でもテーブルゲームを楽しむ手段はいくらでもあります。カジノ法案が通るかどうかすらわからないので、とりあえずゲーセンでカジノを楽しむのもいいかもしれません。

Continue Reading
パワハラ騒動について

2018年は「パワハラ元年」? 2018年の日本はパワハラ(パワーハラスメント)の年といっても過言ではありません。 教育現場、スポーツ界、角界、企業をはじめ、ありとあらゆるところでパワハラ騒動が明るみとなり、連日ニュースを賑わせていました。上司と部下、コーチと選手、教師と生徒といった、行き過ぎた上下関係がひずみ、原因となって事件に発展することが多いようです。特に多かったのが、指導と称して暴力や暴言を行うタイプのパワハラです。 パワハラの被害者は精神的、身体的に追い詰められることはもちろん、時には自殺にまで追いやられることもあります。 愛媛県の16歳ご当地アイドルのパワハラによる自殺も記憶に新しいかと思います。この事件は家族側の訴訟にまで発展しており、かなり重大な出来事であったことがわかります。 論点は常にパワハラが存在したかどうか、加害者側の過失の程度などに置かれることが多く、また被疑者と被害者側で意見の相違があることも多く、議論は平行線になることがよくありました。どこまでが指導で、どこまでがパワハラというボーダーがあいまいになっていることも問題です。 まとめ、パワハラはいずれにせよ許されるべきではない いずれにせよ、組織やグループの立場、上下関係を利用して精神的、身体的苦痛を与えることが許されるべきものではないことは明らかです。平成も終わり新元号となる2019年には、パワハラの年ではなく、パワハラ撲滅元年になってほしいものですね。

Continue Reading
パフォーミングアーツについて

パフォーミングアーツとは? 突然ですが、パフォーミングアーツという言葉をご存知でしょうか? パフォーミングアーツは、演劇やアクションなど、ダイナミックな行為による芸術のことです。日本でも大学の芸術学部にパフォーミングアーツ学科があり、芸術表現の一つの手法としても今では広く認知されています。 また、古典的な演劇、オペラ、ミュージカルとの違いは明確に定義されておらず、パフォーミングアーツと舞台芸術との境界は年々あいまいになっています。 日本のパフォーミングアーツなら、国際舞台芸術ミーティング in 横浜をチェック! TPAMこと、国際舞台芸術ミーティング in 横浜は、舞台芸術に携わる人の国際ミーティングで、1995年から毎年開催されているイベントです。いまアジアで最も歴史ある舞台芸術のプラットフォームであり、情報交換、議論、交流の場となっています。 世界各国から200名近い舞台芸術関係者が来日し、総動員数は10,000人以上になる言わずと知れたビックイベントです。期間中には横浜の街でダンスや演劇など、パフォーマンスが目白押しです。 横浜トリエンナーレ、Dance Dance Dance @YOKOHAMAなど、横浜市ならではのプログラムも開催されています。いずれも国内外から高く評価されており、芸術の街横浜の地位を確立しています。 まとめ いかがでしょうか。芸術という観点から見ればまだ歴史の浅いイベントですが、「2月は横浜で舞台芸術」がスタンダードになるのもそう遠くはないかもしれません。次の2月にはぜひ参加してみては?

Continue Reading
パチンコについて

日本独自のギャンブル?「パチンコ」について 「パチンコ」は昔からある日本独特の遊戯施設およびそのゲームで、小さなスチール製の球を盤面にひたすら押し出し、球を特定のスロットに入れたら特典が得られるゲームです。 操作は非常に簡単で、右手にあるハンドルの回し具合でパチンコ玉の射出量や射出速度を調整するだけです。最近では、台の効果音や視覚的演出がものすごいことになっており、初めて利用する人は店内のつんざくほどの爆音に驚かされるでしょう。 地方都内問わず、パチンコ施設はどこにでもあり、駅前や繁華街で簡単に見つけることができます。お店の外観は電飾などでド派手に施されているので、とても目立ちます。 なぜパチンコ営業は合法なのか? 日本では公営ギャンブル以外の賭博が許されていないのですが、実はパチンコだけはグレーとなっています。1球につき数円で購入した球を使って遊戯を楽しみ、獲得した球でぬいぐるみなどの景品と交換する形態なのですが、実はこの景品を店のすぐそばにある買い取り業者で換金することができるのです。 結果的に元手を使ってお金を増やすことになるので、実質的にはギャンブルと等価です。しかし、パチンコ店と買い取り業者は別の事業者とみなされるので、グレーとなっているわけです。 まとめ いかがでしょうか。年齢制限はあるものの、海外からの来日旅行者でも、だれでもパチンコを楽しむことができます。日本でしかできない体験なので、日本に来る際には一度試してみてはいかがでしょうか。

Continue Reading
さまざまな情報を発信するニュースブログ

当ブログへようこそ! こんにちは!数あるサイトの中から当ブログにお越しいただきありがとうございます。 このニュースブログは、日本のニュース、最新のイベント、スポーツ、芸能、全国津々浦々の情報といった、日本に関するありとあらゆる情報を発信するニュースブログサイトです。日常の話題の種になるちょっとした小話から、日本の情勢を大きく動かすビックな話題まで、だれにでもわかりやすい形でお届けいたします。 舞踊や詩歌といった日本の伝統芸能など、今も昔も変わらないものももちろんありますが、日本におけるビジネス、経済、政治、ポップカルチャーなどは日々目まぐるしい勢いで変化しています。最新のトレンドを追いかけるために、ぜひこのサイトを購読してみてはいかがでしょうか? また、日本を紹介するサイトはごまんとありますが、我々の独自の視点、切り口から発信される情報は大手のニュースサイトなどにはない新たな価値があると思います。少しでも気になった方は、まず記事を見てみてください。 知識を深めるためにぜひこのニュースブログサイトをお役立てください これから日本を訪れるので日本についてもっと知っておきたい、日本のことが大好きだから日本についてもっと知りたい、友達に日本のすばらしさを紹介したいなどなど、とにかく日本に興味がある方、ぜひお好みのカテゴリーから記事を見てみて下さい。 これまで日本のことを全然知らなかったという人でも、このサイトで日本のことを知れば、きっと日本に一度来てみたくなりますよ。

Continue Reading
このブログについて

このブログについて。日本に関する情報を発信しています。 こちらは、日本の最新ニュースやスポーツ速報、ポップカルチャー、伝統芸能、トレンドなどなど、日本に関する、あるいは日本でおきているホットなトピックを世界に向けてお届けするニュースサイトです。日本国内に向けた発信になりがちなニュースの話題を再構築し、世界中の方にとってもわかりやすいものとして発信しています。 我々が扱うジャンルはとにかく多岐にわたります。いま日本で話題のカジノ法案に関連して、スロットゲームやオンラインカジノゲームなど、メジャーなニュースサイトが扱わないニッチなジャンルの話題も扱っております。オンラインゲームに興味のある方はぜひチェックしてみてください。 とにかく、日本に関する情報なら我々になんでもおまかせあれです。いまからこのブログを購読すれば、今まで日本のことを全然知らなかったあなたも、きっと日本通になれるでしょう。これから来日する人、日本への旅行を予定、検討している人にも、日本について学習するにはこのサイトが最適です。 日本のことを知りたいなら、今すぐにこのブログを購読しましょう! 日本で話題のトレンドは日々目まぐるしく変化しています。最新のニュースをキャッチして、ぜひ日本の「いま」を知るのにお役立てください。

Continue Reading
カルロス・ゴーンについて

カルロス・ゴーン被告逮捕から今まで 日産自動車株式会社の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が昨年の11月、役員報酬を過少申告した有価証券報告書の虚偽申告により得た金を私的に利用していた、という疑いから、金融商品取引法違反の容疑で逮捕された。事件の発覚から二か月近く経過したが、カルロス・ゴーン被告側と原告側の議論はいまだ平行線となっている。 現在もゴーン被告の勾留は東京拘置所にて続いている。ゴーン被告は体にトラッキング用のGPSを装着するといった、あらゆる条件を吞むとしたうえでの保釈を要求しているものの、東京地裁は二度目の保釈請求を却下するととの意向 を先日明らかとした。 ゴーン被告の妻キャロル氏もゴーン被告に対する拘置所での不当な扱いに対する声明を出しており、強く心配していると述べている。キャロル氏は、夫であるゴーン被告は拘置所内で高熱を出しているものの、医師によるケアが受けられていないとして、東京拘置所側の対応に対して激しい非難をしている。 家族およびゴーン被告本人は一貫してゴーン被告の無実を主張しているものの、自体は終始平行線をたどっている。 カルロス・ゴーン被告の勾留はさらに長期化する模様 東京拘置所に勾留されてからすでに二か月余り経過しているが、ゴーン被告の勾留はさらに長期化するものと考えられる。今後の展開は不明だが、自体が長期化することは避けられそうにない。

Continue Reading
Back to top