Author: admin

スロットについて知ろう オンラインカジノでスロットは大人気です。 しかし、意外とスロットの魅力や種類を把握していない人もなかにはいると思います。 スロットの魅力や種類を把握してプレイすると今まで以上に楽しむことができますので、是非ご覧ください。 スロットとは スロットとは、コインを投入してボタンを押すだけのシンプルなゲームです。 回転するリールの絵柄が横一列や斜め一列などに揃うと当たりです。 スロットは、アメリカのサンフランシスコにて1899年に世界で初めて3リールの形が誕生したと言われています。 ブラックジャックやバカラの歴史と比べると浅いですね。 スロットは昔、酒場などにレンタルされていただけでしたが、やがて世界中のカジノ界に進出して行きました。 今では、最もプレイされるカジノゲームにまで成長を遂げています。 スロットが普及されるまでのカジノ界はテーブルゲームをしながら談笑するような雰囲気でしたが、スロットの普及により一攫千金を狙う客層が増え「スロットはカジノの大衆化を招いた」とまで言われています。 現在は、世界中のあらゆるカジノで明るい照明を光らせながらプレイヤーから愛されています。 スロットの魅力 スロットの最大の魅力は、一夜にして一攫千金を手にすることができることです。 スロットには、「プログレッシブ・ジャックポット」と言って、それまでにプレイしてきた人々の賭け金の一部が積み立てられていて、蓄積された賞金が一人の当選者に全額還元されるものがあります。 当然、金額は莫大でアメリカラスベガスでの過去最高額は日本円にして約48億円です。 こんな大金が当たったらどうにかなりそうですよね。 このように、スロットには他のテーブルカジノでは決して手にすることができない大金を手にすることができるのです。 カジノ界の宝くじみたいな存在ですね。…

Continue Reading

バカラってどんなゲームなの!? バカラは他のテーブルゲームと比べて非常にルールが簡単というのが特徴的ですので誰でも簡単に始めることができるのです。 バカラのルールって!? バカラのゲーム内容は参加者であるあなたが「バンカー」と「プレイヤー」の勝敗を予想するという内容となります。 勝敗の決め方として、2~3枚あるカードの合計の下一桁が9の範囲内で9に近いほうが勝ちという内容になります。 つまりバカラはコインの表裏を当てるような勝率2分の1の運任せゲームとなり、自分で何か操作するということはありません。 ただ、2分の1の勝率といってもちゃんと必勝法は存在しますので後程ご紹介いたします! ・ディーラーの役目 ディーラーはカードを配ったり清算をしたりとゲームの進行を担当する人物となります。 プレイ中もディーラーと会話をしながらギャンブルをすることができます。 ・カードの数え方 A~9→数字通りにカウント 10~K→全て0とカウント 例えばAと7であれば8、Aと10であれば1というふうになります。 7と9であれば16になりますが、下一桁をカウントしますのでこの場合は6になります。 この数字が9に近い方が勝利という非常にシンプルなゲームとなるのです! バカラで遊ぶ際に覚えておいた方が良い用語集! ・ピクチャー JQKなどの絵柄カードを指す。 ・ナチュラル…

Continue Reading

ルーレットとは?どこが面白いの? カジノゲームで、トランプゲームに続く定番のゲームといえば「ルーレット」! ルーレットは、ヨーロッパが発祥のまさにカジノの女王とも言える、古くからリアルカジノユーザーの間でも、馴染みの深いゲームです。 ディーラーが回すルーレット上に転がされた玉が、どの位置で留まるのかを予想してお金を賭けるというシンプルなゲームで、初心者さんでもすぐに遊ぶことが出来ます。 ルーレットの賭け方 ルーレットの主要な賭け方をオッズ別にまとめました。 オッズ2倍 RED or BLACK: 赤か黒にBETする、数字の並びに対して赤と黒の配置はランダムだがルーレットの中では赤と黒が交互の配置になっている EVEN or ODO:  EVEN(偶数)かODO(奇数)の2択 1 to 18: 18以下か19以上の2択 オッズ3倍…

Continue Reading

ブラックジャックとは?どこが面白いの? ブラックジャックは世界中で最もプレイされているカジノゲームの一つです。更には『ブラックジャックを極めることが出来れば全てのカジノで勝ち易くなる』と言われているので、カジノでの勝率を上げる手段としても注目されています。 『ブラックジャック』とは 「カードの合計値を21に近づけつつ、且つ21を超えないようにする」 というシンプルな勝負ですが、いざゲームとなればディーラーとの間で心理戦をはじめとした駆け引きは言うまでもなく、 場の流れ(カードの出現パターンなど)を読む等、とても深みのあるゲーム性を備えています。 ブラックジャックの基本ルール ディーラー対プレーヤーが対戦します。 カードの合計値を21に近づけるよう目指す(21が最強) カードの合計値が21を超えたら無条件に負けとなる 21を越えない限り、好きなだけカードを引くことが出来る(理論上最大11枚まで引ける) ディーラーは合計値が17を超えるまでは強制的にカードを引く(ディーラーの意志排除の為) ブラックジャックのカードの数え方 ブラックジャックにおけるカードの数え方は Aは1or11 2~10迄は数値そのまま 絵札(J、Q、K)は10 として数えます。 オンラインカジノでのブラックジャックの種類 上記のようにブラックジャックは様々なプレイヤーに大変人気なのですが気軽にプレイできず日本では実際にプレイしてしまうと違法になってしまいます。そこで気軽で合法にプレイする方法が1つだけあります。それはオンラインカジノでプレイすることです。…

Continue Reading

なぜ慎重にオンラインカジノを選ぶ必要があるのか? 現在、オンラインカジノサイトはおよそ2千ほどあり、その数は年々増えています。しかし、安全に遊べる優良カジノはほんの一握りであるため「どのカジノサイトを選ぶのか?」は慎重になる必要があります。 具体的なカジノサイトの選び方として、必ず外せないポイントが3つあります。 信頼できるライセンスを取得している 監査機関がしっかり監査をしている 支払い実績が確認できている オンラインカジノ比較ナビでは上記の基準を満たしており、初心者の方でも安心してプレイできるサイトを掲載しています。当サイトはあなたがネットカジノで失敗しないための情報コンテンツを提供します。 第一位:ラッキーニッキーカジノ|LuckyNiki 可愛いキャラクターがお出迎え!多彩なプロモ、ボーナスやVIP待遇が嬉しい アニメ風の美少女キャラクター「ニッキー」が迎えてくれる親しみやすい雰囲気が魅力のラッキーニッキー(LuckyNiki)は、可愛い外見だけでなくサービスも本格派! 「ボーナス」「スーパースピン」から選択できる初回入金ボーナスや、毎日変わる日替わりプロモなど、多彩なオファーで楽しませてくれます。 また、VIPになると専属の日本人マネージャーによる、ランドカジノさながらの個別の対応が受けられます。初心者からVIPまで、充実したサービスを受けたい方にオススメのオンラインカジノです。 POINT! アニメ風の可愛い美少女キャラクターが活躍する独自の世界観 選べるウェルカムボーナスや日替わりプロモなどボーナスが充実! 専属日本人マネージャーによる手厚い特別VIP対応 第2位:ベラジョンカジノ|Vera&John オンカジといえばベラジョンという人もいるほど、有名カジノ!日本人プレイヤー向けの企画やサービスが嬉しい ベラジョンカジノ(Vera&John)は業界を代表するオンラインカジノと言えるでしょう。日本国内においても人気があり、初心者でも始めやすいカジュアルな雰囲気があります。 「日本人向け」のサービスが充実しており、日本人プレイヤーを対象としたイベントやキャンペーンが定期的に開催されていたり、日本人のために開発されたパチスロ風スロットを導入するなど、日本のオンラインカジノプレイヤーなら絶対に登録しておきたいオンラインカジノです。…

Continue Reading
ラッキーニッキーについて

ラッキーニッキーについて 日本にいながら最新のスロットゲームが楽しめるオンラインカジノサイト、ラッキーニッキー(http://luckyniki.jp/)をご紹介します。 ラッキーニッキーは、日本人にとって馴染みやすいであろうアニメライクなキャラ「ニッキー」が案内役を務めるオンラインカジノサイトです。グラフィックの背景に日本語が多く書かれているので日本のサイトと見間違えてしまいそうですが、ヨーロッパのEU CASINOというオンラインカジノサイトの姉妹ブランドとしてラッキーニッキーは提供されています。 実際日本でも昨年あたりから話題となっており、NAVERまとめにもまとめ記事ができるほどです。 グラフィックはもちろん、日本人にとってプレイしやすい環境が整っており、600種類以上のカジノゲームで遊ぶことができます。ネットエントやマイクロゲーミングなどの、多くのソフトウェアメーカーから供給されるゲームは、きっとあなたを楽しませてくれるでしょう。 サイトはもちろん日本語利用可能で、日本語によるサポート体制も万全です。ライブチャット、メール、電話、三つの方法で日本語サポートを受けることが可能です。もちろんサポートはいくら利用しても無料なので、積極的に利用してみましょう。このような点から、日本人が安心して楽しめるオンラインカジノサイトと言えるでしょう。 さいごに ラッキーニッキーが少しでも気になったのであれば、ぜひ登録してプレイしてみてはいかがでしょうか?

Continue Reading
日韓ワールドカップについて

日本中が沸いた、日韓ワールドカップを覚えていますか? 日本はもちろん、アジアで初めて開催されたワールドカップは、2002年の日韓ワールドカップです。 日本がまだサッカー界で全く認知されていなかったこの時代に、初戦の対ベルギー戦にて初の勝ち点獲得、初の決勝トーナメント進出、トーナメント2回戦で惜しくもトルコに敗れたものの初のベスト16をマークするなど、とにかく日本代表にとって初の歴史的出来事がてんこ盛りの大会でした。 また、中田英寿、小野伸二、中村俊輔、川口能活などをはじめとした、今でも多方面で活躍するレジェンドが認知され始めたのも、このワールドカップからでした。当時は1サッカー選手であった中田英寿選手も、今では企業役員や一般財団法人の代表理事など、マルチに活躍するスーパースターになっています。 注目を浴びた世界のスタープレイヤーたち また、2002年日韓ワールドカップに世界中から名プレイヤーが集まり、観客を魅了したことをあなたは覚えているでしょうか。 ブラジル代表ロナウドの大五郎カットや、イギリスのデイビッド・ベッカムのベッカムヘアなど、海外勢の奇抜なヘアスタイルも大流行しました。また、MVPを獲得したドイツの守護神オリバー・カーンも記憶に新しいです。 まとめ いかがでしたでしょうか。昨年のロシア大会でもかなりの盛り上がりを見せたワールドカップですが、日韓ワールドカップでの盛り上がりも負けをとりませんでした。次回のアジア開催はいつになるかはわかりませんが、ぜひスタジアムに足を運んで観戦してみたいですね。

Continue Reading
日本の首相について

日本の首相について アメリカの大統領の任期は4年で、2期務めれば8年大統領の職に就くことができます。現在のアメリカ大統領であるドナルド・トランプ氏は現在一期目の最中で、再選され二期目にも大統領の職に就くとしたら、2025年1月まで大統領としてとどまることになります。 そんな長い任期のアメリカ大統領と対をなすように、日本の内閣総理大臣の在職期間はものすごく短く、首相が極めて頻繁に交代する時期もありました。 その傾向が最も顕著であったのは、2006年に小泉純一郎首相が退陣した直後のころで、ほぼ一年に一人のペースで就任と退陣を繰り返していました。特に、2009年9月に就任した鳩山由紀夫首相の在職日数は266日と、9ヵ月にも満たない超短命の総理大臣でした。 このような異常事態が発生した原因として、2009年に自民から民主党への歴史的政権交代があったことなどにより国会にねじれが生じた、着任中に首相が政治的成果をなかなか上げられなかったため、着任後に支持率が急落してしまった、などが挙げられます。就任時からの支持率低下はどの首相も避けられず、たらい回しの状態であったことは否めないでしょう。 2019年現在、本人からすれば2度目となる内閣総理大臣である安倍晋三首相は、2012年からの続投であり、現在の第四次阿部改造内閣を率いています。来年の2020年に開催される東京オリンピックで首相としての手腕が試されそうです。オリンピック誘致国のトップとして、ぜひとも力を発揮してい頂きたいです。

Continue Reading
日本のカジノゲームについて

日本のカジノゲーム事情について 現在日本ではカジノを含む統合型リゾートの建設案、いわゆる「カジノ法案」が議論の対象になっているものの、日本ではまだカジノは一つも運営されていません。競馬や競輪、オートレースなどの公営競技におけるギャンブリングはOKですが、その他の賭博は日本では許されていないのです。 そのため、日本でカジノゲームを楽しむには海外の企業が運営するオンラインカジノサイトでライブカジノを楽しむ、あるいは、繁華街にある「ゲームセンター」で疑似的なカジノ体験を楽しむなどの手法があります。 ゲームセンターでカジノ体験? ゲームセンターといえば、レースゲームやUFOキャッチャー、シューティングゲームなどカジノゲームとは程遠い子供向けのゲームしかないというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、実は麻雀や競馬シュミレーションゲーム、ポーカーなどのテーブルゲームが楽しめるゲーセンも数多くあります。 もちろん、リアルマネーをかけずに遊戯そのものを楽しむ形態ですが、リアルなカジノ体験がどこにでもあるゲームセンターで楽しめることは間違いありません。海外旅行を控えていて、本場のカジノ実践の前に前哨戦としてゲーセンでカジノゲームを楽しんでみるのもありですね。 まとめ いかがでしたでしょうか。疑似的ですが、実は日本でもテーブルゲームを楽しむ手段はいくらでもあります。カジノ法案が通るかどうかすらわからないので、とりあえずゲーセンでカジノを楽しむのもいいかもしれません。

Continue Reading
パワハラ騒動について

2018年は「パワハラ元年」? 2018年の日本はパワハラ(パワーハラスメント)の年といっても過言ではありません。 教育現場、スポーツ界、角界、企業をはじめ、ありとあらゆるところでパワハラ騒動が明るみとなり、連日ニュースを賑わせていました。上司と部下、コーチと選手、教師と生徒といった、行き過ぎた上下関係がひずみ、原因となって事件に発展することが多いようです。特に多かったのが、指導と称して暴力や暴言を行うタイプのパワハラです。 パワハラの被害者は精神的、身体的に追い詰められることはもちろん、時には自殺にまで追いやられることもあります。 愛媛県の16歳ご当地アイドルのパワハラによる自殺も記憶に新しいかと思います。この事件は家族側の訴訟にまで発展しており、かなり重大な出来事であったことがわかります。 論点は常にパワハラが存在したかどうか、加害者側の過失の程度などに置かれることが多く、また被疑者と被害者側で意見の相違があることも多く、議論は平行線になることがよくありました。どこまでが指導で、どこまでがパワハラというボーダーがあいまいになっていることも問題です。 まとめ、パワハラはいずれにせよ許されるべきではない いずれにせよ、組織やグループの立場、上下関係を利用して精神的、身体的苦痛を与えることが許されるべきものではないことは明らかです。平成も終わり新元号となる2019年には、パワハラの年ではなく、パワハラ撲滅元年になってほしいものですね。

Continue Reading
Back to top