オンラインカジノの安全性は?成立したカジノ法案とは?

オンラインカジノの安全性について

 

日本人の大半はカジノと聞くと”それって違法じゃないの?”とか、映画でついた先入観やイメージから安心して利用できるのか、不安になる方が多いのではないでしょうか?

オンラインカジノの安全性や、実際に起こった摘発について、なぜ起こったのか?などをご紹介いたします。

オンラインカジノとは?

 

「オンラインカジノ」とは、インターネット上で実際にお金を賭けて本物のカジノのようにゲームを楽しむことができるもの。日本で解禁されて国内でも話題になったことから、人気に火が付きました。

もちろん、ギャンブルの一種なのでゲームに勝つことができれば配当をもらうことができます。

 

オンラインカジノの安全性

 

日本では競馬や宝くじの国営ギャンブルや、多くの方に親しまれているパチンコ・スロットが主にプレイされています。

カジノという馴染みのないゲームをプレイする時に一番思うことは「安全性」はあるのか?という事ではないでしょうか。

しかし、「オンラインカジノ」の安全性は全く逆、と言っていい程、安全性に他の業界よりもずっと配慮しているのです。

ではどうやって安全性を確かめるのか?

まずは利用するオンラインカジノの運営会社が政府ライセンスを取得しているかをチェックしましょう。

オンラインカジノを合法的に運営するためには、運営会社の拠点がある国家・地域の政府などからライセンスを得る必要があります。

オンラインカジノでのライセンス取得=安全と安心性の証。

つまりライセンス無く運営しているサイトは、国際的な適法性が無い状態で運営している、ということになります。

インターネット経由だと実際に何が起こっているのか、裏で操作されているのでは?と不安に感じる方はいるかと思いますが、途方ないような厳重な審査によってライセンスを企業は取得することができるようになっています。

例えば…

・十分な資金をしっかり管理・有しているか。

・プレイヤーから入金された資金をきちんと保管しているか。

・マネーロンダリングや犯罪に使われないようユーザの本人確認をしっかりと行っているか。

・公平な結果が出るようなシステムが導入されているか。

・ギャンブル依存症対策や、個人情報の取扱いの管理方法はどうなっているか。

このような監視の元、健全な事業として「オンラインカジノ」は運営されています。

裏操作などしていてはすぐにライセンスを剥奪されてしまいますので、とても安全性に関しては厳しい面があります。

 

オンラインカジノで実際に起こった摘発について

 

スマートライブカジノで起きた日本初のプレイヤー逮捕!

 

2016年3月にスマートライブカジノという英国を拠点としていた合法オンラインカジノ。

これ自体に問題はありませんが、3人の日本人プレイヤーがとある理由から逮捕されることとなりました。

 

理由は、明らかに日本人用に特化したサービスを提供していたことが原因でした。

 

違法となったポイントは、

  1. 日本人ディーラーが日本時間の夕方~深夜にかけて対応していたこと
  2. プレーの構図が日本人ディーラーvs.日本人プレイヤーであったこと
  3. 日本語を使って会話をしていたこと

 

以上のことから、海外で運営されているオンラインカジノであっても”日本国内の客に向けた賭博行為”と判断されました。

 

要するに、日本で賭博をしているのと変わらないではないかと警察が判断したのです。

 

逮捕された利用者3名は略式起訴となり、「単純賭博罪」に。

10~20万円の罰金刑を、内2名は裁判を避けるために支払いましたが、残りの1名は裁判で争う姿勢を見せ、不起訴処分が決定しました。

 

カジノ法案とオンラインカジノについて

 

2016年12月、統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。

長らくカジノを違法としてきた日本でカジノが解禁されるということで動向が注目されていたこの法案ですが、ギャンブル依存症や治安に対する懸念から反対の声も未だに多いのが現状です。

 

「IR法」とはIR推進法の略称で、カジノが含まれた複合施設の建設・運営をすることが可能になる法律。

正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(平成28年法律第115号)です。

複合施設とは、カジノを中心に宿泊施設、テーマパーク、商業施設などが一体的に統合型リゾート(IR:Integrated Resort)で、日本にも作ろうとしているんです。

要するに、皆さんが想像するカジノゲーム自体を目的とした法律ではないということです。

 

目的としては、統合型リゾート(IR)を作って観光客を呼び込んで財政を改善しよう!

カジノ施設が含まれるからしっかり管理し運営しよう!という内容になります。

カジノ法案と呼ばれていることから誤解されがちですが、単にカジノを作るための法律ではありません。

 

基本的に「オンラインカジノ」で遊ぶことに違法性はなく、それは日本にオンラインカジノで遊ぶことを取り締まる法律がないからです。

 

日本で知られているのは「賭博法」といって日本国内でギャンブル行為を行うことが禁止とされており、賭博(金銭や品物を賭けて勝負すること)を行ったり、賭博をする場を提供してはいけないというもの。

 

例えばラスベガスに行ってカジノなどのギャンブルゲームで遊んでも逮捕されませんし、有名人が海外のカジノで遊んだ話をテレビで聞くこともありますが逮捕されたなんて話は聞きません。

要するに日本にある賭博法には影響しない範囲があるからです。

そしてオンラインカジノはその1つです。

海外運用の「オンラインカジノ」でプレイすることは、日本の賭博法が影響しない範囲だと考えることができます。

日本でオンラインカジノは法的にはグレーゾーンです。

 

「オンラインカジノ」は「賭博をする場を提供している」ことから賭博罪に該当しそうなものですが、拠点が海外にあることでオンラインカジノは日本国内の法律を適用することができなくなってしまっているのです。

 

日本の法令が「法の適用は自国領域内まで」とする”属地主義”を原則としていることが理由となっており、「オンラインカジノ」は合法とも違法とも言える法的根拠がないことから現在は「グレーゾーン」という立場にあります。

まずは運営会社が政府ライセンスを取得しているかをチェックし、カスタマーサポートがあるかどうかを確認してからオンラインカジノに挑戦しましょう!

Back to top